抜根は体力勝負~業者と作業にかかる費用~

面倒な草刈り作業をしないでも手軽に試せる除草方法があります 面倒な草刈り作業をしないでも手軽に試せる除草方法があります

結構疲れる抜根作業~業者に任せるのも一つの手段~

自分でも抜根する時は除草剤を使用すると可能ですが、体力を使ってしまいます。そこで頼りたいのが業者です。

抜根作業が面倒なら業者に頼るのもアリ

木

抜根作業というのは完全に根が枯れるまで時間がかかります。なるべく早く、その日で抜根を終わらせたいと考えている方には、業者に相談をしてみるとよいでしょう。業者に依頼をするとすぐ駆けつけてくれて、迅速に対応してくれます。

費用はどれくらいになるか

抜根作業を依頼するとなると金額ってどれくらいになりますか?
何にもない場所にポツンと木があり、それを抜根するのは比較的簡単なので、費用はそこまで高くないです。だいたい、1万円程度しかかかりません。しかし、住居が多くある場所の抜根の場合、地面下には水道管や重要なパイプが通っていて、それを傷つけないようにするには、少しずつ慎重に作業を行うため、時間がかかってしまう場合があります。

庭の草刈り後の手入れを楽にしたいなら~雑草防止~

庭の草刈りは定期的に行うのが一般的ですが、面倒な作業でもあります。そこで除草剤を使用せず、他のアイテムを使って雑草を防止する方法をご紹介します。

除草シートとは?

雑草対策をする際に便利なものに雑草帽子シートというものがあります。種類も様々で好みのものを選ぶと良いでしょう。最も一般に普及しているのは、合繊不織製で耐久性に優れているものになります。また環境に優しいタイプのものは、そのまま使用を続けることでゆっくり土に還すことができます。

除草シートを使う時は草刈りを行なってから敷く

事前に作業を行なってから防草シートを敷くようにしましょう。しっかり草刈りが完了したら、まず地面にある大きい石やシートを破きそうな固いササなどを丁寧に取り除きます。次に表面のデコボコを治すように平らに整えます。

景観が気になるなら砂利を活用

除草シートと砂利を組み合わせて使用することで、見た目も美しくなり雑草対策の効果も高くなります。使用する砂利は人工的に作られた砕石と、自然にある小さい石の天然砂利があります。シートのつなぎ目は余分を持って長めに敷くようにすると隙間ができにくくなります。数年の効果を出したいならば、砂利を厚めに敷き詰める必要があります。だいたい3センチ~5センチの厚みがあると良いでしょう。

TOPボタン