草刈りの除草剤にも種類があります~目的に合った選択をしよう~

面倒な草刈り作業をしないでも手軽に試せる除草方法があります 面倒な草刈り作業をしないでも手軽に試せる除草方法があります

除草剤にはどういったタイプがあるのか知っておこう

除草作業

除草剤にはいくつかの種類があります。それぞれどういったタイプなのか、どういった効果があるのかといった知識をつけることで効率よく草刈りや抜根を行えます。ここでは、除草剤の種類をご紹介します。■抜根・草刈りに使える除草剤の2つのタイプ

液剤タイプの除草剤
液体タイプの除草剤は、そのまま液体をダイレクトに雑草にかけることで効果を発揮します。即効性が高く、既に生えてしまっている、広範囲の雑草を枯らすのにぴったりなタイプです。雑草の表面にかけるタイプなので、根っこの部分にはあまり効果がないので使用する際は注意しましょう。
粒状タイプの除草剤
粒上タイプの除草剤は、土の上に粒を撒くという方法です。雨や水がかかった時に、粒がゆっくりと溶けて土壌内に浸透し、雑草の根っこに吸収されることで除草効果を発揮します。そのため、背の高い雑草にはあまり効果がなく、即効性でもありません。しかし、雑草のない場所に事前に撒くことで予防対策になります。

抜根・草刈りは目的によってタイプが違う

草刈りや抜根をする際に除草剤を使用するには、目的によって除草剤を使い分ける必要があります。例えば、既に雑草を抜いている場合は予防として粒上の除草剤を使用すると良いでしょう。生えきっている雑草や周辺の切り株に対しては、液体タイプを使用すると効果を発揮します。

除草剤は上手く使分けよう

このように、目的によって除草剤を使い分けることで効率よく作業を行うことできます。またご自身のライフスタイルに合わせて選ぶのも良いかもしれません。

TOPボタン